+1 ライフ *難病との闘い*

ポジティブをモットーに!難病ギランバレー症候群 と闘っています

尊敬する人

「尊敬する人は誰ですか。」

 

そう聞かれたら、あなたはなんて答えますか。

 

すぐに答えが浮かびますか。 

 

 

就職活動をしていた時に、よく聞かれることですね。

 

しかし、なかなか難しい質問だと思います。

 

私の場合は、ずっと「母親」と答えていました。もちろん今でもその答えに変わりませんが、もう1人尊敬する方がいます。

 

それは

今は亡き小林麻央さんです。

麻央さんは癌で6月に旅立ってしまいましたが、そのニュースを見て麻央さんの残した記録を改めて知った方も多かったのではないでしょうか。

 

私はずっとアメブロをやっていたり芸能人ブログは見ていたりしたため、麻央さんがブログを始めた当初からファンになり、ずっと読み続けていました。

 

癌というとても重い病気と闘っているのに、なんて素敵な文章を書くのだろう。

 

読んだことのある方はわかるかと思いますが、闘病者とは思えないほど、明るくまっすぐなブログです。

 

麻央さんのブログを読むと、小さなことで不満を言ったり、疲れた疲れたと連呼したりする自分が情けなく思えていました。

 

また、毎日通勤前にブログをチェックすると、自然と前向きになれるパワーを貰っていました

 

 

そしてその言葉の力を更に感じられたのは、私自身が闘病生活を始めてからでした。

 

f:id:murayuka:20170808202408j:image

 

私もこんな風に記録を残していきたいとずっと思っていましたが、毎日点滴や治療を続ける中で、とても文章を書こうという気になれませんでした

 

携帯を開いて文章を打とうとしても、すぐに疲れてしまい諦めてばかり、、。

 

その為ブログを始められたのも病状が安定してきた入院2ヶ月後となってしまいました(´・ω・`)

 

私の場合は確実に良くなるという兆しが見えています。しかし麻央さんの場合は逆にどんどん病状が進行していきます。

 

そんな中で吐き気や体の痛み、だるさ等と闘いながらも、亡くなる直前まで記録を残してきたことは、本当に尊敬すべきことです。

しかも写っている写真は全て笑顔。

なかなか真似できません。

 

私が麻央さんの訃報を知ったのも、病院のテレビを通してでした。

海老蔵さんの会見や麻央さんの追悼番組などを見る度に、涙が溢れました。

 

他人の訃報にこんなにも涙したことは初めてです。。

 

麻央さんのブログが終わってしまってからは、ぽっかり穴が空いてしまったような感じで、それほど彼女の言葉が、私にとって大きな支えになっていたんだと感じました。

 

 と同時に

「生きたい、生きたい」とこんなにも強く思っている人がいる一方で、自殺やら事件やらのニュースばかりが流れるこの世の中に、やるせない気持ちになりました…。

 

人生、辛いことも、苦しいことも、辛いことも、沢山あります。

でもその分、楽しいことも、嬉しいことも、感動できることも同じくらいある。だからこそ人は生きたいと願う。

 

 

明日が必ず来るとは限らない。

それは誰にとっても同じこと。

 

だから私は麻央さんのように、

強く明るくまっすぐに、生きたい。

病気であっても、そうでなくても。

尊敬できる人の生き方を見習います。

 

 

 

 

あなたの尊敬できる人は誰ですか。